貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

アメリカ株に毎月50万円投資。重要だが日本語に翻訳され無さそうな米国株投資関連の英語ニュースを日本語で紹介。レバレッジ3倍ETF、米国株ETF、シーゲル流投資など。

レイ・ダリオ、資産をキャッシュのみで保有することの危険性を語る

2018年11月13日、世界有数のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツの創設者レイ・ダリオ氏が投資家に向けてメッセージを発信しています。


荒れた相場では一時的に現金に資産を逃す投資家が多いですが、キャッシュポジションは最悪の選択肢だと述べています。



"レイ・ダリオ:キャッシュ保有は最悪の選択肢(CNBC 2018.11.13)"


「現在のようなマーケットの状況を見てキャッシュポジションで資産を保有する投資家がいるが、最悪の選択肢だ。理由は税金だ。税引後収益率は毎年インフレ率に負けるため、あなたの資産をゆっくり死に至らしめる。」


インフレーションがキャッシュの価値を毀損させる事に言及しています。
アメリカ国内のインフレを例に挙げています。
現在の1,495ドルは、2000年1月の1,000ドルと同等の価値しかないといいます。
現金のみで資産を保有していた場合、約19年間で33%資産が減少した事になります。


また現在の10,742ドルは、1950年1月の1,000ドルと同価値であるといいます。
70年間でキャッシュの価値が10分の1になりました。


「銀行金利は低すぎるため、インフレによる価値の毀損を抑える助けにはならない。」


預金金利を考慮しても、キャッシュの保有はインフレに負けているといいます。




「短期金利はインフレ率と比べて考える必要がある。税引後リターンがインフレ率を下回る事に、投資家は気づくだろう。もし現金の保有が資産の安全性を確保する手段だと考えているなら、それは誤りである。」


CNBCによると、現在米国内の貯蓄口座の平均金利は0.09%に過ぎない一方で、 インフレを測定する消費者物価指数は、過去1年間で2.7%上昇しているといいます。



「長期的には、株式・債券・不動産のリターンは現金よりも高い」

株式市場では、1928年から2017年までのS&P500の年平均リターンは9.8%でした。



「偉大なアイデアを持つ人々(起業家)は、社会の生産性を高め、それによる対価を市場から受け取って来た。人々も生産性に投資しないよりも生産性に投資する側に回る方が良い。さもなければ、あなたのキャッシュは購買力を失い、価値が下がり続ける。」



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。