貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

アメリカ株に毎月50万円投資。重要だが日本語に翻訳され無さそうな米国株投資関連の英語ニュースを日本語で紹介。レバレッジ3倍ETF、米国株ETF、シーゲル流投資など。

12月10日も不穏・・・?【米中貿易問題】


"米中貿易交渉、2019年3月1日のデッドラインは「厳守」で。(2018.12.10)"


「米中貿易交渉が合意に至らなかった場合米国が中国側に新たな関税を課すが、交渉期限は2019年3月1日厳守とする」と、ライトハイザー米通商代表がコメントしました。


「トランプ大統領と本件について話をしたが、3月以降どうするかといった内容については大統領は言及しなかった。これは厳格な期限だ。」

「合意に至らなければ、関税を課す事になる。」



「ファーウェイ副社長逮捕の事実が本件交渉に影響を与える事はない」



米側の要求は、よりオープンな中国市場において、米国製品の売上を増加させることだといいます。


「米国は農業・工業においてより多くの売上高を必要としている。

米側の要求事項は前大統領、前々大統領の時代と同じだ。しかし現大統領の ”対話を超えて関税を課す” という意志は、米国に何らかの”結果”をもたらすと感じている。



先週(12月3日〜7日)の相場は、前半は貿易問題の緊張感が和らいだため株価が上昇しましたが、後半になってトランプが「私は関税マン」と発言したことなどで緊張感が高まり、株価の下落に繋がりました。



そして今日になってこのニュース。米中問題は相変わらず緊張感があることが分かりました。



今日の相場も荒れそうですね。




ボーナスをナスダックに突っ込んでギャアアアとかそういうのホント勘弁して欲しいんですけど。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。