貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

アメリカ株に毎月50万円投資。重要だが日本語に翻訳され無さそうな米国株投資関連の英語ニュースを日本語で紹介。レバレッジ3倍ETF、米国株ETF、シーゲル流投資など。

【アマゾンvsアップル】どちらか1社しか株を保有できないとしたら、選ぶべきはどっち?ウォール街の回答


Amazon vs Apple


ウォール街屈指の好カード来ました。


まあ私の場合、Amazonが勝つと踏んでますけどね(今月始めにAmazonを買ったばかりなので)。


”アマゾンvsアップル どちらかしか保有できないとしたら買うべきはどっち?(マーケット・ウォッチ 2018.10.2)”



先に結果発表:










勝者・・・・・・Apple!




んなあああああああ!????



******



以下蛇足


記事の筆者の結論。

I’m certainly not betting against Amazon. The e-commerce king has a lot going for it, and continues to stay innovative. However, Apple has a ton more cash (and a dividend for shareholders) and seems to be on an upswing with its new product launches and loyal installed user base.


”筆者は間違いなくアマゾンには賭けない。eコマースの王者アマゾンは多くのイノベーションを実現し、これからも革新を続けるだろう。しかし、アップルには配当を含む圧倒的に潤沢なキャッシュ、市場に投入される新製品の数々、忠誠心のあるユーザーがあり、これによる上昇が見込まれる。”


Amazon is undeniably dynamic, but on Wall Street that frequently means moves in both directions. Maybe I’m chicken, but I’ll take the reliability of Apple’s balance sheet over the volatility, but big potential, offered by Amazon.


”アマゾンはダイナミックな企業である事に疑いはないが、これはウォール街の投資家の観点からは株価の浮き沈みが激しいという捉え方になる。筆者は臆病者かもしれないが、アップルのバランスシートの信頼性の方を高く評価する。但し、アマゾンのポテンシャルは極めて大きいと考える。”

アップルの方が製品、顧客、バランスシート、保有するキャッシュの面で優れているとの事です。


フーンだ ( ゚д゚)、ペッ



評価項目をざっとまとめると


株価の勢い:アマゾン

両社とも凄まじい。ただしアマゾンは輪をかけてすごい。
10年間のリターンは
アマゾン:アップル=3,400%:1,370%

目標株価:アマゾン

アマゾン:アップル=2,525ドル:215ドル


バリュエーション:アップル

アマゾン:アップル=予想PER 80倍:17倍

新製品の投入:アップル

アマゾンのEchoとFire TV streaming : アップルのiPhone, iPad, Mac = アップルの勝ち


収益:アップル

アップルの第2Q決算は素晴らしかった
アマゾンはもうひと頑張り


CEOの資質:互角

両者とも素晴らしい。


勝者:アップル

負けました。ありがとうございました。


ちょっと今夜Apple株買ってきます!


*******


ちなみに原文記事の筆者  Jeff Reevesはこんな顔してます。
株式アナリストだそうです。

Apple製品が好きそうな顔してやがるぜ。


私もApple好きですけどね!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。