貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

毎月50万円をアメリカ個別株、レバレッジETF、米国株ETF、シーゲル流投資などに、全力で投資するブログ。アメリカ株関連の英語ニュースも。

2020年に今の米株ブログ村記事を読んだ読者「大バーゲンセールじゃん」

「オイオイオイ2018年はAmazonたった2,000ドルだったのかよ。やっす!」


「しかも2,000ドルの段階で割高とか割安とか議論してるぞ?」


「2020年は3,000ドルだって教えてあげたいwww」



・・・・てなことになってたらどうしよう・・・・買っておくか・・・・Amazon・・・



********


”Amazon、今後2年間で3,000ドルに到達する可能性も(CNBC 2018.9.25)”

”Amazonの株価は2020年までに3,000ドルに到達、あるいは時価総額1.5兆ドルに達する可能性があるとジェフェリーズ証券のアナリストBrent Thillが示唆した。”


”株価が2,000ドルに達してもなお、市場はAmazonの個人向けビジネスやクラウドビジネス、広告事業が持つ潜在能力を、未だに過小評価している”


"コア事業である個人向け部門ではプライム会員サービスの勢いが加速しており、クラウドビジネスでは既にアマゾン・ウェブ・サービスがデファクトスタンダードとなっており、一方広告事業は引き続き高い利益率を実現している”


”アナリストのBrent Thillはまた、2018年の目標株価を2,185ドルから2,350ドルに引き上げた。”


Brent Thill ”この一年で株価は2倍以上になっている(去年の9月は960ドル)が、それでもAmazonの株はまだ過小評価されており、あと2年で55%上昇し3,000ドルに到達する可能性があります”


******


おいBrent、それ本気で言ってんの?信じていいのか?信じるぞ??マジなんだな!!?



でもやっぱりTQQQにしておこうっと(チキン)。




「まだまだ上がるよ〜」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。