貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

アメリカ株に毎月50万円投資。重要だが日本語に翻訳され無さそうな米国株投資関連の英語ニュースを日本語で紹介。レバレッジ3倍ETF、米国株ETF、シーゲル流投資など。

FDA長官「もし若年層の使用が減らなかったら、電子タバコの国内販売全面禁止な(ニッコリ)」


”FDA長官、ティーンエイジャーの風味付き電子タバコ使用率が低下しない場合、電子タバコを全面販売禁止にすると警告(CNBC 2018.11.16)”



FDA(米食品医薬品局)のゴットリーブ長官が、若年層の間で蔓延している「風味付き(フレーバー)電子タバコ」の販売を、コンビニエンスストアに限り禁止すると発表したのが昨日11月15日(米東部時間)。


そして翌16日、今度は風味付き電子タバコ使用率が若年層の間で低下しない場合、電子タバコそのものを全面的に販売禁止にするとアナウンスしました。


「これほどまでに若者に風味付き電子タバコが蔓延している事は、タバコ業界全体のリスクだ。もし改善しないなら、やりたくはないが、全面禁止という措置を取るしかない。」


「子供たちの電子タバコへの接触を完全に絶つ方法は無い。しかし防ぐ方法はある。特にフルーティな風味付けがされた電子タバコについては。」


米国内で風味付き電子タバコおよび普通の電子タバコを販売している

  • アルトリア
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
  • インペリアル・ブランド
  • 日本のJT

は、仮に(一体何年後になるかまだ分かりませんが)この規制が発動すると、業績に大きく響く事になります。


これ以外にもFDA長官は、加熱式の普通のタバコのメンソール味を販売禁止にしようとしています。



タバコ業界に逆風なニュースが多すぎて、何がセーフで何が規制されるのか、だんだんわけわからなくなって来ましたね。。。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。