貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

毎月50万円をアメリカ個別株、レバレッジETF、米国株ETF、シーゲル流投資などに、全力で投資するブログ。アメリカ株関連の英語ニュースも。

CNNが報じる株式市場の不吉な予兆


"2018年9月に更新した史上最高値は、この強気相場の頂上か?(CNN 2018.10.26)"



2018年は1月と9月にそれぞれS&P500が過去最高値を更新した年でした。
特徴的なのは株価の頂上と頂上の間が8ヶ月しか離れていない事です




このような”数ヶ月の間に株価の史上最高値が2つ形成される”現象を、アメリカのかつての人気ドラマになぞらえて「ツイン・ピークス」と呼ぶとCNNは報じています。



このツイン・ピークス現象、過去にも2度現れているとのことです。


1度目が1999年末から2000年初頭にかけて。
2度目が2007年。


1度目のツイン・ピークスの後、ITバブルが崩壊し、2度目のツインピークスの後、金融危機で世界中が大混乱に陥りました。


そして2018年、もし今回の株価の頂上が結果的に3度目のツイン・ピークスになったとしたら、果たして2019年の株式市場の動向やいかに??



という論調で、特にこれといった分析結果も結論も出す事なくCNNの記事は終わっていました。











都市伝説みたいな記事になってしまいました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。