貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

アメリカ株に毎月50万円投資。重要だが日本語に翻訳され無さそうな米国株投資関連の英語ニュースを日本語で紹介。レバレッジ3倍ETF、米国株ETF、シーゲル流投資など。

米投資銀行チーフストラテジスト「市場は2018年末にかけて再度試される展開になるだろう。」

投資銀行BライリーFBRのチーフ・マーケット・ストラテジスト、アート・ホーガン氏がS&P500の今後について予測しています。 "ウォール街のベテラン強気派は、市場が再び下落するとみる。主要因は中国。(CNBC 2018.11.3)" 「市場は11月半ばと12月中旬にかけて、強気相場に戻る前にもう一度試される展開になるだろう。」 2018年11月2日(金)に株価を下落させた米中貿易摩擦が、再び株価…

スマホメーカー各社の、折りたたみスマホのコンセプトデザイン

スマホメーカー各社が、折りたためるフレキシブル有機ELディスプレイを搭載する新たなスマホのデザインの特許を取得しています。 ウォール・ストリート・ジャーナルが2018年10月31日付の記事で各社のデザインをまとめています。 ファーウェイは本のように2つ折り。 VIVOとOPPOも本のように折りたたむ。 Samsungはマネークリップ風でメッセージ用小スクリーン付。 Appleは3つ折りにしてZ字…

強気相場はあと20年は続く。元JPモルガンのストラテジストが語る。

"史上最長の強気相場は熟年期の段階に入った。今後更に20年間続くだろう(CNBC2018.11.1)" "ストラテジストが強い買い推奨。強気相場はあと10〜20年続く(Market Watch 2018.11.1)" 元JPモルガンのチーフ株式ストラテジスト、トム・リーがぶち上げました。 強気相場はミレニアル世代とともに続いていく 顧客向けレポートの中でトム・リーは 「史上最長の強気相場は既に人…

米国株は2018年11月の中間選挙後から急騰する

米国の歴史を振り返ると、第2次大戦以降ずっと、中間選挙の年(4年に一度)の株価の動きに一定のパターンがあります。 これによると2018年11月6日(火)に行われる米中間選挙以降、株価は上昇する見込みだといいます。 "歴史が示す事実。第2次世界大戦以降、中間選挙後に必ず株価が上昇してきた。(CNBC 2018.11.2)” 米大統領の任期2年目の11月に行われる中間選挙。大統領の任期は4年なので、…

来たるリセッションは2020年、最大下落率50%か。CNBCが報道。

顧客預り資産29兆7千億円を誇るグッゲンハイム・パートナーズの、投資部門会長兼グローバルCIOであるスコット・マイナード氏が、CNBCの電話インタビューに答えています。 ”共和党の米中間選挙での勝利はさらなる経済拡大をもたらすが、それはいずれ深刻な景気後退を招く(CNBC 2018.10.31)” 景気後退(リセッション)入りを2020年と予想 スコット・マイナード氏はリセッション入りを2020…

たとえ1億年後に人類が滅びても、我々が存在した証は生き続ける理由

時速5万6千km、地球からの距離約177億km。 2018年10月、ボイジャー2号が太陽系外縁部に差し掛かっている事が分かった。 同機はいよいよ太陽系を離脱し恒星間空間(インターステラー)へ旅立つ。 ボイジャー2号は1977年8月20日に打ち上げられた。 兄弟機であるボイジャー1号もその2週間後、1977年9月5日に打ち上げられている。 ミッションの目的は、176年に一度起こる惑星配置を利用した…

2018年10月末の資産状況 相場急落時のレバレッジ投資家の資産はこんな感じ

2018年10月1日~10月31日までの1ヶ月間の運用状況です。 10月末の資産の状況は以下の通りでした。 10月単月の増減は概ね-230万円でしたが、10月の新規入金額が約46万円だったので、1ヶ月間の運用益はおよそ-276万円(-12.2%)でした。これによりトータルリターンはマイナスに転じ、-46万円になりました。 はああああああああああああああん! 今月は新規投資額でアマゾンを購入しまし…

バンガード創設者ボーグル氏はなぜ米国一極集中投資なのか(2018年10月インタビュー)

ジョン・C・"ジャック"・ボーグル氏はバンガードグループの創設者です。 2018年10月にモーニングスター社が氏へのインタビューを行いました。 インタビュアーの発言を聞くとこの収録はボーグルヘッド・カンファレンス2018の翌日のようなので、おそらく2018年10月6日ごろだと思います。 質問は「投資家は米国株同様、海外株式のパフォーマンスにも目を向けるべきか?」というものでした。 ボーグル氏は自…

ジム・クレイマー 大統領とFRB議長にクレーム

"高関税と高金利により2019年の見通しも暗く (CNBC 2018.10.29)" ジム・クレイマーがCNBCの番組内でトランプ大統領とパウエル議長を批判しました。 「トランプ大統領が中国へ関税をかけることとFRBの政策金利上昇が、両方とも株式市場にとっての毒薬になっている。」 「 関税紛争と政策金利上昇が、2018年末に向けての株式市場を非常に困難にしている。言うまでも無く2019年も。」 …

今日も東の空が真っ赤に燃える

                 (ウォール・ストリート・ジャーナルより) 今日も朝焼けが綺麗ですね。 2018年10月29日の米国市場は主要指標が全てマイナスで取引を終えました。 上の図はダウの1日の動きです。 赤いラインは先週金曜日の終値。 午前中は何とかプラスを保っていましたが、午後になりマイナスに転じ、そのまま終了〜。 NASDAQも主要銘柄が軒並み下落したため-1.63%で終了。 Am…

FRB副議長、急な利上げではなく緩かな利上げを示唆する

2018年10月26日の日経新聞に、金利について気になる記事が掲載されましたので、この記事のソースにあたるFRB副議長のスピーチも聞いてみました。 このスピーチの要旨としては「過度なインフレを避けつつ米国労働市場を強化する余地はまだ残っているため、金利は緩かに上昇させるのが適切だ」というものでした。 また、FRB副議長は「経済状況によっては想定以上の利上げには反対する」との立場を示しましたので、…

CNNが報じる株式市場の不吉な予兆

"2018年9月に更新した史上最高値は、この強気相場の頂上か?(CNN 2018.10.26)" 2018年は1月と9月にそれぞれS&P500が過去最高値を更新した年でした。 特徴的なのは株価の頂上と頂上の間が8ヶ月しか離れていない事です。 このような”数ヶ月の間に株価の史上最高値が2つ形成される”現象を、アメリカのかつての人気ドラマになぞらえて「ツイン・ピークス」と呼ぶとCNNは報じています。…

12月にFRBから何が発表されるのか。モルガン・スタンレーの米国株チーフストラテジストが予測。

昨日の記事の追記です。 モルガン・スタンレーのマイケル・ウィルソン米国株チーフストラテジストは、2018年10月25日のインタビュー動画の中で、場合によっては12月にFRBが利上げ終了アナウンスを行う事も有り得ると発言しています。 動画の2分27秒から2分56秒までです。 アンカー「金融引き締めにより金利は上昇し、株価は下落しています。12月もFRBは形式遵守で利上げを行うと思いますか?」 ウィ…

レバレッジ3倍ETFに体をくくり付けて自沈用意

おはようございます。 2018年10月26日のレバッレジ3倍ETFの(被弾)報告です。 (数字は前日比) TMF(米国債20年超レバ3倍ETF) +1.62% DFEN (米航空防衛レバ3倍レETF) -1.31% CURE (ヘルスケアセクター連動レバ3倍ETF) -3.37% SPXL (S&P500連動レバ3倍ETF) -5.50% TQQQ (NASDAQ連動レバ3倍ETF) …

モルガン・スタンレーの米国株チーフストラテジストは今後S&P500がどうなると予測しているのか

モルガン・スタンレーの米国株チーフストラテジスト、マイケル・ウィルソンが出演したニュース番組の記事がMarket Watchに掲載されていました。 “「更なる下落がS&P500を襲う」(Market Watch 2018.10.25)” この中でマイケル・ウィルソンは 「ベア(弱気)マーケットは2018年2月から既に始まっており、今後4週間~8週間でS&P500は2,450から2,500のレンジ…

アマゾン株に手を出したイナゴ投資家、豪快に焼かれる

2018年10月25日は、好決算が見込まれた事を材料に+7.09%と猛烈に値を戻したAMZNでしたが、実際は決算をミスって発表後の株価は真っ逆さまです。 取引時間終了後に発表した決算がこれ。 ”アマゾン第3四半期決算、売上が市場予測を下回り株価急落 (CNBC 2018.10.25)” これにより取引時間終了後の株価はこの有様。 発表直後のアフターマーケットで1,782ドルから1,652ドルへ、…

こういう時こそレバレッジETF

さあ今こそ君もレバレッジETFという諸刃の大剣を振り回してみないか!!? 弱点:防御力ゼロ さて2018年10月24日クローズ時点のレバレッジETF勢の騰落率は以下の通りでした。 特徴:下落スピードが通常の3倍 TMF(米国債20年超レバ3倍ETF) +2.39% SPXL (S&P500連動レバ3倍ETF) -9.05% CURE (ヘルスケアセクター連動レバ3倍ETF) -9.77% …

NASDAQ(とレバレッジ3倍ETFのTQQQ)はお星さまになりました

あああああNASDAQがああああ! 2018年10月24日のたった一日で! マイナス4.43%!!!???? うあああああTQQQがあああああ!!! 一晩でマイナス13.6%!??????? 間違えてビットコイン買ってたのかな? 総資産の事を考えただけで気分が・・・・。 おえ゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛!! ぼろおおおおえ゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え…

ままならない事この上無い

いま仕事で日本を離れているのですが、忙しくてブログを書く時間が取れなくなりました。 なので少しの間ブログを休ませて頂きます。 出発前から想定してはいましたが、やっぱり本当にそうなってしまい、悔しいですが。。 今後の予定ですが、1週間程度で更新を再開したいと思っています(10月29日ごろ?)。 Twitterをやる時間ぐらいはあるかもしれないので、(時間が許せば)Twitterで米国株式市場や海外…

JPモルガン「今回の調整は短期で終わるだろう」

昨日の日経新聞に興味深い記事がありました。 日経新聞の2018.10.20の記事「投資家の恐怖が和らぐきっかけは」 一部引用します。 腰が引け気味の投資家。これに対し、アナリストからは過度な悲観は不要との声も出ている。JPモルガン・チェースのドゥブラフコ・ラコスブハス氏は「ファンドによる機械的な売りは8割は終わった。調整は短期で済むだろう」と主張する。同氏が目先の買い手として期待するのは企業の自…