貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

アメリカ株に毎月50万円投資。重要だが日本語に翻訳され無さそうな米国株投資関連の英語ニュースを日本語で紹介。レバレッジ3倍ETF、米国株ETF、シーゲル流投資など。

2018年11月の相場も無事引けました。お疲れ様でした。

"大荒れの11月を終えたダウ平均は150ポイント高。米中対談への期待感から。(CNBC2018.11.30)"


注目のG20米中首脳会談(夕食会)は日本時間の12月2日朝ごろに行われるはずですが、それに先駆けて2018年11月30日の米株式市場は上昇しました。
急落の10月、波瀾の11月でしたが、なんとか前月比プラスでフィニッシュしています。


ロイターが「中国高官が"合意形成は着実に進んでいる"と発言した」と報じるまでの間、11月30日の株式市場は揺れ動いた。現地時間12月1日夜、米中首脳が夕食を共にし、2国間の貿易問題について話し合うと見られている。投資家達は対談の内容を注視している。



ライトハイザー米通商代表は11月30日、”会談は成功裏に終わる”と発言したことに、市場は好反応を見せた。



ベアード証券の主席投資ストラテジスト、ブルース・ビットルズ氏は顧客向けレポートの中で「12月に入っても、市場のボラティリティは依然として高いだろう。しかし歴史的に見て12月は株式市場は上昇する傾向がある」と述べた。



ところでトランプと習近平のディナーは、何料理が振舞われるんですかね??
まさかハンバーガーではないと思いますが。



習近平は、たとえアメリカ料理が口に合わなくても、ハンバーガーを食べた海原雄山みたいなリアクションはとらないで欲しいですね。



美味しんぼ必殺、「アメリカ人の料理はクソ」シリーズ


中川、とんだとばっちり。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。