貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

アメリカ株に毎月50万円投資。重要だが日本語に翻訳され無さそうな米国株投資関連の英語ニュースを日本語で紹介。レバレッジ3倍ETF、米国株ETF、シーゲル流投資など。

マクドナルドの将来に賭けろ。モルガン・スタンレーもそう言ってるし!

私は米マクドナルド(MCD)を保有していますが、投資理論云々とかではなく、マックを愛しているので、永久保有とさせていただきます。


マクドナルド(あとコカ・コーラ(KO)も)は単なる外食チェーンと飲料物ではなく、もはや社会インフラの一部であるので、いつか公益事業セクターとかあの辺に投げ込まれる日が来るのではないかと思っています。



”モルガン・スタンレーがMCDの投資判断を「買い推奨」に引き上げ(CNBC 2018.11.29)”


モルガン・スタンレーがマクドナルドの買い判断を「オーバーウェイト(組入比率を市場平均より高める)」に引き上げました(これまでは「イコールウェイト」)。


モルガン・スタンレーが11月29日に発行した顧客向けレポートの中で以下のように述べました。

「マクドナルドが既存店舗の外観や内装のリニューアル・現代化を強く推進しているが、当社はこれを支持する。この効果は2019年にも発揮されその後数年にわたり、同社の業績を素晴らしいものにするだろう。



「MCDは経済減速期にはディフェンシブ銘柄の鍵となる存在だ。S&P500が下落する中で、市場平均を60%上回ってい。」

「MCDは市場が荒れる中では優れた安定性、防御性、カウンターバランス能力を投資家に提供する。」



市場はMCDの現代化の取組を過小評価しているとみられる。今後まもなく”構造改善ビジネスモデル”の効果が発揮されると予想される。」



モルガンスタンレーはMCDの目標株価を従来の173ドルから210ドルに引き上げました(今日の株価は約190ドル)。



******



ところで皆さんは映画「ファウンダー・ハンバーガー帝国のヒミツ」をご覧になりましたか。この映画はマクドナルドの黎明~勃興期を描いた作品ですが、大変面白いのでMCD株主もそうでない人も必見です。


マクドナルドの創業者(本当の創業家のマクドナルド兄弟ではない方)のレイ・クロックが狙ったとおりになっているわけです。


「アメリカのどんなに小さい町にも裁判所があり、教会があり、そこには星条旗がはためいている。そこにマクドナルを加えたい。マクドナルドのシンボルの”ゴールデンアーチ”を星条旗と肩を並べる存在にしたい。」みたいな事を映画の中で言っていましたよ。



創業者の野望が叶いましたね。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。