貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

毎月50万円をアメリカ個別株、レバレッジETF、米国株ETF、シーゲル流投資などに、全力で投資するブログ。アメリカ株関連の英語ニュースも。

確定拠出年金の状況(2018年7月)

日本のネット証券、海外の証券口座2つを使い、米国株メインで運用を行なっております。 それとは別に確定拠出年金を2本運用しています。 今回の記事では、毎月掛け金を拠出して運用する「加入者」ではなく、「運用指図者(新たに掛金を払うことなく、確定拠出年金口座を通じて金融商品の運用だけを行っている)」という立場の確定拠出年金の内容を開示します。 これは要するにポートフォリオは自身で指定できるが、追加入金…

更にTQQQを65.21ドルで49株、約35万円分購入

最高値を更新し続けているがいつ下降トレンドに突入するかも分からないハイテク・グロース株を構成銘柄の中心に据え、さらにレバレッジを3倍も効かせてしまってどうかしてるんじゃないかと思うTQQQを、約35万円分購入しました。 ETFの構成はTOP6銘柄(5社)で約40%を占めます。 Apple Inc 11.31% Amazon.com Inc 9.41% Microsoft Corp 9.08% F…

ボーイング、エアバス、ファンボロー航空ショーでも貿易戦争の影

今年のファンボロー航空ショーでは、航空機の受注客名を公開しないケースが多いとの報道。 ボーイングとエアバス社他、全体で285機、約4兆円の受注があったものの、顧客名はヒミツの取引が半分以上だそうです。 理由はトランプ大統領にツイッターで批判されるのを、個客が嫌うから公表しないと。 航空機の様な巨額の取り引きはどうしても目立つので、貿易戦争真っ最中のトランプが個客相手に色々イチャモンをつけてくるの…

超音速旅客機復活か(ボーイング、ロッキード・マーチン)

7月18日のNY市場は、ボーイング(BA)が+0.94%、ロッキード・マーチンが+0.71%と上げていました。 ウォールストリートジャーナルに以下の記事が出ていましたが、これも好材料の一つだったのでしょうか。 -NYとロンドンを3時間半で結ぶ超音速旅客機の復活か- ボーイングとロッキードマーチンを含む開発社連合が、小型の超音速ジェットの開発を進めており、実現すればアメリカ西海岸とアジアを日帰りで…

資産の状況(2018年7月19日朝)

2018年7月19日朝 昨晩はジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)やマクドナルド(MCD)を始めとする、自身が保有する米国株個別銘柄のほとんどが下落したため、合計が1,600万円を下回りました。 ただこのスクリーンショットの他、海外の証券口座にTQQQ(ProShares UltraPro QQQ)とDFEN(Direxion Daily Aerospace & Defense Bull 3…

DFEN (米国航空・宇宙・防衛レバレッジ3倍ETF)を約30万円追加購入

DFEN は米国航空宇宙&防衛のブル3倍ETFです。 7月13日と7月18日の2日に分けて約30万円分購入しました。 日本の証券会社では購入できないので、海外の証券口座での購入となります。 ETFの構成は上位5銘柄で約30%を占めます。 ボーイング(BA)8.6% ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)6.04% ロッキード・マーチン(LMT)5.2% レイセオン(RTN)4.49% ノースロッ…

2018年7月のポートフォリオ

国内ネット証券と海外ネット証券を利用しています。 米国個別株が約750万円。 PM フィリップ モリス インターナショナル MO アルトリア・グループ PG プロクター・アンド・ギャンブル T AT&T JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン WMT ウォルマート IBM IBM MCD マクドナルド XOM エクソンモービル KO コカ・コーラ ETFが約800万円。 HDV iシェアーズ コ…