貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

毎月50万円をアメリカ個別株、レバレッジETF、米国株ETF、シーゲル流投資などに、全力で投資するブログ。アメリカ株関連の英語ニュースも。

18年前、ベゾスがサザビーズに投資するよう裏で糸を引いたロン・バロン、自分がAmazonに投資しなかった事を「人生最大の失敗」と嘆く



バロン・キャピタル・マネジメントの創業者が嘆いておりました。


今からでも遅くないぞ、ぶち込め!


******


"大富豪ロン・バロン、自身の最大の失敗はAmazonに投資しなかった事と語る(CNBC 2018.10.2)"



まずロン・バロンはバロン・キャピタルの創業者兼CEOでもあり、資産運用マネージャーでもあります。自社の運用資産は3兆2000億円、自身の財産も数百億円単位で自社ファンドにぶちこんでいる元気な75歳です。


投資方針は小・中型グロース株を長期(10~15年)保有し大きなキャピタルゲインを狙うというスタイルです。


そんなバロンも、Amazonの成長は見抜くことができず後悔していると言います。





1999年11月、Amazonはオークション大手のサザビーズとジョイントベンチャーを設立し、オークションサイトの運営を開始しました(この提携は数年経たず破綻します)。


この提携をジェフ・ベゾスに持ちかけたのが、サザビーズの株式を59%所有するバロン・ファンドのロン・バロンでした。


彼は当時を振り返り以下のように語ります。

”1999年、サザビーズの不正競売事件でバロン・ファンドが巨額の損失を被っている時、私はジェフ・ベゾスを、サザビーズに投資するよう説得していた。まるで的外れだった。彼にサザビーズに投資させるのではなく、私が彼に投資すべきでだった。Amazonに投資しなかったことが人生最大の失敗だ。"


バロンは「経済は10年で2倍に成長するから、買うとしたら5年で2倍になる企業でなければならない」という考えの持ち主です。


という事は残念ですが、バロンがいまAmazonに投資しないということは、Amazonは5年で2倍にはならないという事ですね。


ちなみにインタビューの最後で、いまイチオシの銘柄を尋ねられて、バロンはこう答えています。


テスラ。

2030年までに(Apple, Amazonに続く)1兆ドル企業になるぜ。


マ・ジ?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。